モビットの無人契約機

モビットには、無人契約機からの借り入れの申し込みも可能になっています。
この、無人契約機からの申し込みっていったいどういう仕組みになっているのか、確認して行こうと思います。
無人契約機での申し込みは、まず無人契約機の申し込みに従い進めていくと、モビット専用のカードを発行してもらう事が出来ます。
しかし、これは審査前でカードを発行するのですぐに利用できるというわけではありません。
その後、審査を終え、モビットから到着した必要書類を埋めて、返送したならば本契約は終わりやっとのことで借り入れが可能になるのです。
しかし、モビットの無人契約機は地域によってある所とない所があるので、無い地域によっては、無人契約機よりかはウェブ契約の方が断然お手軽です。
パソコンやスマートフォンならば、家ですぐに申し込みも可能ですし、移動せずともその場で審査結果を待つことが出来ます。
また、自動契約機は営業時間が設けられており、時間によってはすぐに結果を受け取ることは難しいでしょう。
一方、パソコンからならば営業時間が過ぎていても結果が来るのは翌日ですが、家に居ながら結果を知ることが出来るので移動などに、手間がかからないのです。

専業主婦がよく利用するカードローン一覧はこちら

モビット増額の注意点について

モビットは、テレビコマーシャルでの露出も多いことから、比較的多くの方が利用しているカードローンになります。

しかし、モビットは総量規制の影響を受けることから、「もう少し多く借りれたら・・・」と考えるユーザーも多いようです。

モビットを利用されている方の中には、「増額」の申請をしてしまう人もいますが、

 ・リスクがある
 ・高額融資は見込めない
 ・最適な選択ではない

という点でおすすめできません。


■モビット増額にはリスクがある!

通常のカードローンの申し込みと異なり、増額申請は「簡単にできるもの」と思われているところがあります。

しかし、増額申請後の審査では、希望額に応じた「通常どおりの審査」が行われますので、簡単なものとは言えません。

さらに、信用情報機関のデータベースも参照されますので、申し込んだ人によっては、増額が認められないばかりか

 利用限度額が減らされる

という危険性があります。

つまり、増額申請をしたら

 ・「現状維持」か「増額」が認められるか?

ではなく、

 ・「現状維持」か「増額」、あるいは「減額」となる

という点を理解しないといけません。


■増額リスクを避けるには?

「減額」というリスクを避けるには、モビット以外のカードローンに申込むのが一番簡単な方法です。

モビットも優良なカードローンを提供していますが、モビット以外にも優良なサービスはあります。

さらに、総量規制対象外の銀行カードローンに申込めば、「年収の3分の1まで」という制限もなくなります。


■モビットは三井住友銀行グループ

他のカードローンに申込めばいいといっても、モビットとおなじ「三井住友銀行グループ」では意味がありません。

申込んだという情報が筒抜けになりますので、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」や新生銀行の「レイク」などを選ぶといいでしょう。

バンクイックや新生銀行レイクなら、100万円までは収入証明なしで申し込めますし、即日融資も不可能ではありません。